Andy Gray

暑中お見舞い申し上げます

Written by on 2013/08/07 in カンボジア便り with 0 コメント

お久しぶりです。暑さが続く中、以下がお過ごしですか。 私たちは3ヶ月アメリカに行っていました。仕事と休暇を兼ねての滞在でした。 久しぶりにプノンペンに戻ってきました。 カンボジアは国民議会議員選挙が先月28日に行われました。 政権党の人民党と野党の救国党が今回の選挙の主役です。 詳しい政治状況はここには記しませんが、 救国党の熱狂的な選挙活動と多くの支持者の自由を求める声が遠くアメリカでも聞こえてくるような感じでした。 同時に投票過程における不正の実態も見聞きする中、 今後のカンボジア情勢から目が話せません。 正式な開票結果は今週土曜日に発表されます。 こんなに国政に関して関心を顕にすることは、私にはありません。 国の将来、国民の生活向上、「変化」を真剣に求める若者たちの情熱。 新鮮で、健全で、夢があり、私自身教えられています。 カンボジアは動いています。選挙結果はどうであれ、確実に下から突き上げるような「うねり」を感じます。 このような国民の動きと共に、国が建て上げられ、経済が発展して、政治が変えられていくのでしょうか。 時間はかかっても、カンボジア再建の動力に触れながら、発展を見守りたいです。 文責:ひとみ

Continue Reading

ビデオが完成しました

Written by on 2013/06/15 in カンボジア便り with 0 コメント

http://unitingforchildren.org/jp/ Andyが一年半かけて手がけたビデオです。ワットオポット出身のスィナーも手伝ってくれて、ようやく完成、ビデオをアップしました。英語版は先月発表しました。内戦後、またエイズ大流行後、多くの孤児院がカンボジアに建てられました。そして、現在も孤児院の数は増えています。孤児の数は激減しているのに。政府は昨年、各州に一軒のみ、と法律を変えました。社会的に弱い立場にある家族、子どもたち、そして親を亡くした孤児たちのために、どのようなケアが適切なのか。様々な問題、課題を投げかける作品です。

Continue Reading

インターンシップ

Written by on 2013/04/12 in カンボジア便り with 0 コメント
インターンシップ

インターン生が先月10日間ワットオポットに滞在しました。ちょうどその期間、アートの先生(Mr.フエット)は子どもたちの作品を展示するための、エレファントギャラリーを制作中でした。弟子のサンボットと一緒に象の外側の彫刻に熱中しているMr.フエットの指導を受けながら、建築家でもあるインターン生は食事をするのも忘れる勢いで彫刻のお手伝いをしました。

Continue Reading

2月スタディツアー5

Written by on 2013/03/14 in カンボジア便り with 0 コメント
2月スタディツアー5

  今回、スタディツアー最後のまとめの時は、アートセラピーセンターで行いました。10日間様々な体験を仲間としました。頭での整理は大変な作業だということ、さらには一部的な振り返りに終わってしまう、と今までの経験から思っていました。学習とは頭で理解することだけでなく、体験として、全身で受け止めることだと思います。簡単な遊戯や大きな絵に表現することで、じっくりと頭と心と体で振り返る時間を持ちました。そして、カンボジアでの学習、体験から、何を日本に持って帰るのか、考え、語り合いました。みなさんの今後の歩みを大きく押し出すスタディツアーであったことを心から願い、期待しています。

Continue Reading

2月スタディツアー4

Written by on 2013/03/14 in カンボジア便り with 0 コメント
2月スタディツアー4

  パネルディスカッションのテーマは「平和」でした。様々な体験、見解からインド人のラジューさん、日本人のちゃみさんが真剣に語ってくれました。平和を作る人の内面の平和、人間関係の平和、社会の平和、また不正・貧困の只中にも平和は存在する、などなど。上の写真は「復しゅうのサイクル」「和解への道のり」。人への怒り、恨みから抜け出すことはとても難しいこと。でも自分を、人を破壊する力を持っています。和解への道のりは簡単ではないけど、自分の非を認め、相手をゆるすことを「選ぶ」ことの大切さ、その一歩一歩が和解・平和を作り出す、とラジューさんが分かりやすく説明してくれました。

Continue Reading

2月スタディツアー3

Written by on 2013/03/09 in カンボジア便り with 0 コメント
2月スタディツアー3

      週末はプノンペンから北部2時間くらいのところにあるコンプンチュナン州に出かけました。 学習目的の二つ目は音楽療法でした。プノンペンでは楽器作りを楽しんだり、伝統音楽に触れました。コンプンチュナン州の村では子どもたちと鈴の入った風船を作って遊びました。 一泊ホームステイをしてカンボジアの家庭を経験しました。 村全体の発展をビジョンに活動している方々とも会いました。 今後もつながる関係作りができたと思います。

Continue Reading

Top